温泉旅行などの不倫旅行にありがちな3パターンの言い訳

温泉旅行などの不倫旅行へとパートナーが不倫相手と向かう際、妻もしくは夫に対して、「こういう事情があるので出かけます」という言い訳には、一定の法則があるようです。ここでは、代表的な3パターンの「言い訳」について紹介していきます。

不倫旅行の言い訳①仕事の出張

会社員の場合、業務内容や役職にもよりますが、普段の勤務先以外への出張もあり得ます。特に全国に支社を展開しているような企業に勤めている営業職の場合、毎週のように出張があっても不思議ではありません。

そのため、「仕事の出張」は、不倫旅行の言い訳としても使いやすく、なおかつパートナーも欺きやすいとも言えるでしょう。

不倫旅行の言い訳②単身で帰省

不倫旅行の言い訳として使用されやすいものに、「単身で帰省」するものもあります。例えば親御さんの年齢が高めの場合、定期的に様子を見に行くことは充分に考えられるでしょう。

頻繁には使えませんが、中学校や高校の「同窓会に出かける」も、応用編として言い訳の引き出しに含まれるかもしれません。

不倫旅行の言い訳③旅行(友人や同僚、または一人旅)

ゴルフなど単身で楽しむ趣味を持つパートナーの中には、友人や勤め先の同僚、もしくは一人旅での旅行を、不倫旅行の言い訳として使用するケースも見受けられます。

「ゴルフ場に行く」と言いつつ、実際には不倫相手と温泉旅館に宿泊しているようなパターンです。ゴルフバッグを抱えていくことで、より信憑性を増すことができるでしょう。